Return to site

硝子とシルクコードを採用した理由

一人でも多くのお方に楽しんで頂く為に

なるべくアレルギーの少ない素材を選びました。

当方「ロドピス」が、ガラス製ペンダントとシルクコードを採用したのは、ガラスアレルギーのお人というのを聞いた事がないからです。なるべく多くのお人に「美しい香り」を楽しんで頂く為に、アレルギーになりにくい素材にこだわった結果、ガラス作家手作りのペンダントヘッドという結論に至りました。シルクコードを採用したのも同じ理由ですが、ごくまれにシルクアレルギーのお方もいらっしゃるというお話を最近耳にしたので、近い将来、木綿のコードも用意するつもりでおります。後ろの長さ調整用留めビーズは、EUの規格をクリアし、赤ちゃんが舐めても大丈夫なニスが塗ってあるそうですが、それでも気になるお方の為に、ガラスの留めビーズもご用意しております。フィリグラーナ製品のペンダントトップも、アレルギーを起こしにくい24金メッキとなっております。お体の具合とTPOに合わせて、「ロドピス」の製品をお選びいただいて、お買い求めください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly