Return to site

グラースで香料産業が始まった訳

実は「匂い隠し」でした。

皮手袋のマスキングとして

グラースといえば、薫りに興味のあるお人ならだれでも知っている、ラヴェンダーが香る町ですが、昔は皮革の加工産業が盛んな街でした。

ところが、当時のヨーロッパの皮なめし、加工の技術が未熟で、「獣臭」がする皮製品しかできなかったそうです。それをマスキングするため、花の薫りをつけたところ、それが評判をよび、ヒット商品になりました。その後、皮なめし技術が発達した為、香りの産業のみがグラースに残り、今の香りの街になったそうです。あちこちに、パヒューマー養成のための学校の跡地があります。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly