Return to site

「ひまわり」の時代による変遷

「ひまわり」の花は一つではありません。

ローマ時代の「ひまわり」

今、私たちが「ひまわり」として認識している花は、北アメリカ原産のものになります。

ローマ時代の人に、例えばガイウス・ユリウス・カエサル氏などに今の「ひまわり」を見せた場合、「何それ?」と言うことでしょう。

当時「太陽の花」として認識されていたのは、「ヘリオトロープ」になります。

こちらは紫色で、芳香を放つ花になります。今でも、香料として親しまれている薫りです。

ローマの貴族たちが、宴会を盛り上げる為に盛んに使いました。

薫りの主成分は「ヘリオトロピン」と呼ばれて、化学的に分離されています。

興味を持たれたお方は、薫りの探索などされてみては如何でしょうか。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly