Return to site

時代と場所によって違う「太陽の花」

古代世界と現代世界の認識の違い

向日葵とヘリオトロープ

大昔、古代ローマ帝国が健在だったころ、「太陽の花」と言えば名前が示す通り「ヘリオトロープ」の事でした。大変良い香りのする花です。今でも、重要な香りの要素の一つになっております。もっと近代に近くなって、北アメリカから向日葵がもたらされると、こちらがヨーロッパでも

「太陽の花」として認識されるようになりました。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly