Return to site

合成香料にも種類があります。

2種類の合成香料

天然香料を分離してつくるものと、完全合成のもの

「合成香料」というと、すべて試験管の中か工場で合成されたもの、と思っておられるお方も多い事でしょう。

しかし、「合成香料」と言っても、天然香料を分離して作られるものと、完全に合成で作られるもの、の2種類があります。

例えば、シトロネラ精油を分離すると、シトロネラールとゲラニオールが採取でき、さらに分離すると、メントール、シトロネロール、ヒドロキシシトロネロールなどができます。

大概の良心的な香料業者様は、完全合成にしろ、天然香料分離にしろ、イフラ・リフムという業界内の規格に厳しく従って添加を行い、アレルギーを起こしにくいように、細心の注意を払って調合しておられます。ドラッグストアで売っている香水の小瓶を購入して使用し、何の反応もないお方の場合、体質的に大概の合成香料は大丈夫と推測されますので、安心してフレグランスをご使用ください。

これからも、「ロドピス」を宜しくお願い致します。

ロドピス」のサイトは、

「美しい香り 長時間 持続」
「低アレルギー フレグランス仙台」
ロドピス 仙台」
グーグルプラス ロドピス仙台」
「Rhodopis fragrance」
「低アレルギーアロマロドピス仙台」
「低濃度アロマロドピス仙台」
ロドピス コンセプトページ
で検索出来ます。

薫りのお試しは、こちらからどうぞ。
http://rhodopis.shop18.makeshop.jp/shopdetail/000000000020/s
3種類まで無料にて薫りのサンプルを送付させて頂きます。

宜しければ、こちらのホームページ

http://rhodopis.shop18.makeshop.jp/

minnneのページ

https://minne.com/@elim0214

もご上覧ください。

ロドピス誕生の経緯や、フレグランスパルファムの事など書いてあります。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly