Return to site

「装飾する」楽しみ方と

「鑑賞する」楽しみ方

日本と欧米での薫りの楽しみ方の違い

日本人は「絵画」のように薫りを楽しむ傾向

欧米、イスラム世界などでの薫りの楽しみ方は、身に付ける、部屋に焚き込むなどの、体や部屋を

「香りで装飾」する楽しみ方と言えるかもしれません。ジュエリーや調度品のように薫りで装飾して楽しむのです。それに対して、日本の薫りの楽しみ方は、「自然に咲いた花の薫りを楽しむ」という傾向が強く、絵画的に鑑賞する傾向があるといえるでしょう。それ故に、日本人は自然の薫りをまねた香料はあまり使わず、香水を身に付けるお人は、調合した香料の風情を楽しむ傾向が強いように見受けます。フレーバー、食品や洗剤の薫りについては、また別問題と思いますが。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly